外断熱工法

外断熱工法のご紹介

画像(460x390)

健康的で省エネルギーな生活の提供、そして高い耐久性とメンテナンス・維持費削減に外断熱工法は高い効果を発揮します。

結露というのは空気中の水蒸気が冷やされ水滴かすることで、水の入ったコップの外側が濡れていたり、冬の窓に水滴がつくなどのといえばご理解いただけるかと思います。この現象は家の壁などでも起こりうる現象です。

画像(200x133)・拡大画像(420x280)

従来の断熱材(内断熱GL工法など)は外気と内気の温度差が結露を引き起こし壁紙と断熱材の間などに水がたまりカビやダニを発生させシックハウス症候群の原因になる可能性があると指摘されてきました。

そこで考え出されたのが外断熱という考え方です。断熱材を家の内側に貼るのではなく外側に貼ることでシックハウス症候群の原因となるダニやカビの発生を抑えます。
さらに外断熱は内断熱に比べ外断熱は保温性が高く暖房・冷房の利用を抑えられ省エネにも繋がります。

画像(460x255)

[Login]